コーチ 松本秀幸 あなたの人生のストーリを最高傑作にしよう! Make Your Life Story a Masterpiece! Coach Hide

ウェルスダイナミクス

☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆

<テストを受けて見える/個人セッションを受ける>
テスト購入/個人セッション

ウェルスダイナミクスの全体像をつかむ>
☆WD入門1日講座&1日講座
【オンライン】1日入門講座(4回) 毎月開催

<資格はいらないけど使いこなしたい>
☆3回徹底マスター講座(グループセッション)

☆使えるウェルスシリーズ

<コーチ、コンサル、講師、経営者向け>
ウェルスダイナミクスプラクティショナ養成講座
◎WDP養成講座資料お申込み http://bit.ly/wdp_intr
◎WDP養成講座のお申込み⇒ http://bit.ly/wdp_apl

【東京】 5月6,7 (土・日)

☆スペクトルマスター講座
【東京】 4月23 (日)

☆プロファイル別 富の戦略6ステップ講座

ウェルスダイナミクス

ウェルスダイナミクスは自分の強みを活かしてフローにのり、仲間の強みを活かしあってチーム全体でフローにのるためのツールです。

フローとは無理をしなくてもやりたいことがどんどん実現できるついている状態とも言えます。

ウェルスダイナミクスでは8つのタイプに分類して、自分にピッタリの戦略を実行することで無駄な努力をすることなくライフワークを実現することができます。

画像の説明

ウェルスダイナミクスは「自分の強みと相手の強みを活かし合うツール」なので組織の中で力を発揮したいサラリーマン、子育てやパートナーの関係を良くしたい方、ライフワークで楽しく活きていきたい方、企業の経営者まで広く活用できます。

世の中のほとんどの課題は人間関係の滞りです。その滞りを取り去り流れ、つまりフローをつくるための道具と考えればよいでしょう。

私はウェルスダイナミクスが日本に本格的に入ってくる前から注目し、英語を通して学んできました。

☆☆個人的な効果☆☆

画像の説明

・ライフワークとして始めた英語習得コーチの仕事をアキュムレータ戦略を着実に実行したことで、出版社からオファーをもらって『iPhone英語勉強法 スキマ時間で英語力を上げる55の技』を商業出版し、発売2ヶ月で1.7万部を超えて、ムック本を含めるとシリーズ累計5万部を越えた。

・週刊ダイヤモンド、日経トレンディ、日経ビジネスアソシエ、THE21などのビジネス雑誌で紹介された。
・ディスカバ-・トゥエンティワン、フォレスト出版などの出版社からも出版

画像の説明

・お手本としている方とのコラボや共著
・USENビジネスステーション、琉球放送ラジオ「団塊花盛り」などのラジオ番組に出演

画像の説明

・ジュンク堂書店那覇店での『英語は図で考えなさい』出版記念イベント

・大企業のサラリーマンとして、自分の価値をもっとも発揮して貢献できるポジショニングをとることでライフワークとサラリーマンを4年間無理なくやれた。

・プロファイルの全く違う妻とのルールの違いを客観的に理解することができ、不要なすれ違いが減り、家族がチームとして動けるようになった。
画像の説明・・・etc

これからもどんどん結果が出てくる予定です。

ウェルスダイナミクスについてはご著書やセミナーで有名な方達もすすめられてます。
ウェルスダイナミクスを作ったロジャー・ハミルトンと2012年ウェルスダイナミクスフェスタで講演をされた本田健さんはご著書でもウェルスダイナミクスを紹介されてます。

とても使えるツールであるウェルスダイナミクスですが、正しく使えている人もいれば使えてない方もいらっしゃいます。

ウェルスダイナミクスは奥が深い世界で、きちんと内容を理解して、結果を出している人のガイドを受けないとなかなか結果につながりません。
 ご興味のある方はメルアド_GoGoEnglish.jpgお問い合わせ下さい。

【よくあるご質問】
Q.同じプロファイルの講師から学んだほうがよいか?別のプロファイルの講師でもよいか?

同じタイプの講師から学んだ方がいいというのはある意味正しいと思います。
お手本としてモデリングしていくには同じタイプから学ぶのが有効である可能性が高いからです。

この場合にはいくつか気をつけておく点があります。
・必ずしもモデルになる同じタイプのウェルスダイナミクス講師がいない場合がある。
 →ロールモデルはウェルスダイナミクスの講師以外で探す方がより多くの素晴らしい選択肢があります。
 
ウェルスダイナミクス養成講座ではウェルスダイナミクスの戦略を使えるようになる、教えられるようになることとをきちんと教えられる人から習ったほうがよい。
 有名講師であるからといってウェルスダイナミクスを正しく伝えられるとは限りません。

私のお客様にはクリエイター、スター、サポーターという真逆のプロファイルの方がいらしゃいますが、みなさま満足されているようです。
それはアキュムレータである私がウェルスダイナミクスを具体的にわかりやすく、参加者のニーズにあった形で提供しているからかと思います。

モデリングをするなら同じタイプの方、使い方をきちんと学んだり、活用の戦略を学ぶならアキュムレータなどのタイプがよいと思ってます。
あくまで個人的な見解です。

何を学ぶ時にも使えると思うのですが、誰かからスキルやコンテンツを学ぶ時に基準にしていいることがあります。
1.その人がコンテンツやスキルを使って実績を出しているか?
 知識だけならDVDと本があればだいたいわかります。
2.正しい形で理解しているか?応用もできるか?
 ウェルスの場合は英語でないと正しく理解し難いところもあります。守破離の守で学んだ後に自分のコンテンツとうまく組み合わせて応用できているかも重要です。
3.使いやすい形で伝えているか?教わった人が結果を出しているか?

...自分の宣伝みたいでちょっと気が引けますが、現時点では私の講座でウェルスダイナミクスを学ぶというのは意味があると確信してます。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional